新潟県長岡市田宮病院/精神医療の専門病院(うつ病・神経症・認知症・統合失調症)

採用情報[スタッフ座談会]


座談会参加メンバー

入職した理由と入職後の感想について

座談会風景1
網尾:
隣接する長岡看護福祉専門学校の看護学科で学び、実習時に当院に来ました。入職した理由は、精神科の看護は患者さんとの触れ合いが楽しかったからです。またリハビリのスタッフとも連携して患者さんを見守っている様子に「なんて温かい病院なんだろう」と感動したことを、今でも覚えています。
菊入:
私も同じような理由です。最初は高校生の時にボランティアで来ました。その後、リハビリの学校に入る時にも見学して。当時、仕事内容を説明してくれた先生がとても優しかったことに感銘を受けて「あの先生に指導してもらいたい」と思うようになったんです。
須田:
私の場合は転職です。総合病院の看護師として働いていましたが、薬の治療だけでなく、リハビリとか遊びを取り入れたりする精神科の看護に前々から興味があったので、精神看護の道を極めたいと思い、当院の扉を叩きました。
今井:
やりたいと思える仕事に就くことが大切ですよね。私の仕事は、精神保健福祉士の資格を持つ精神科ソーシャルワーカーとして、社会福祉の観点から患者さんの相談に応えて援助することですが、当院は精神医療に特化しているだけでなく「長岡医療と福祉の里」というグループ全体と連携を取ることができるのが強みです。「ここで自分の役割を最大限に発揮したい」と思いました。
高野:
私はもともと専門学校で医療事務の資格を取り、結婚、出産を経て子どもの小学校入学を機に仕事を探している時に、当院の求人募集を見つけました。「働きやすい職場だといいな」と思っていたので、地域に根ざした当院に来ました。
菊入:
ところで病棟の会議にも医事課は参加していますよね。さまざまな部署から多角的に意見が出るから、お互いにありがたいです。
高野:
私の場合は医事課の入院係なので、入院患者さんの保険料請求やおこづかいの管理などもしているんですよ。お一人おひとり家庭環境が異なり、また支払い方法も違うことから、病棟からの情報が頼りになります。
網尾:
看護の面においては、患者さんの病状が変化した時にリハビリなど他部署の人と連携しながら最善の方法を取っているので心強いですね。
須田:
病棟では朝の申し送りに他部署の人も加わっているので、自然に連携が取れるのだと思います。ケースワーカーやリハビリとの連携で、楽しいレクリエーションやイベントをたくさん組み入れているのも大きな特徴ですよね。患者さんを病院全体で温かく見守っている感じがします。
今井:
一人のことを様々な職種の人が見て、連絡を取り合って確認していくことは、とても大事なことですよね。

キャリアアップ・仕事のやりがいについて

座談会風景2
網尾:
私は新人の時に、技術だけでなく法律に基づいたことなども含めてたくさんのことを教わりました。新人研修や救急時の対応なども含めて新人教育がしっかりしている印象があります。患者さんのケアをしながら自分自身も向上できて良かったです。
菊入:
学生や新人を指導する立場の人も、リーダーシップ研修をはじめ、さまざまな研修などに参加して自分を磨いています。私が特に勉強になるのは公開カンファレンスですね。実際の患者さんのケースを通して、いろいろな職種の人が意見交換し、検討して現場に下ろしているのですが、「お互いの視点が必要」ということがよく分かります。
須田:
確かに研修が多くあるので、幅広く専門知識を高められますよね。私は前の病院では常に時間に追われているような状況で患者さんと接する時間が短かったのですが、ここでは患者さんときちんと向き合って看護に専念できるので、仕事に張り合いがあります。
今井:
精神科特有の時間が流れているから、一人ひとりの患者さんに合わせてゆっくり対応できるのかもしれませんね。
菊入:
私は患者さんが生きる意欲を失わないように、毎日が楽しく生活が豊かになるようにと思いながら日々の仕事に励んでいます。だから患者さんが元気になった姿を見ることが、大きな喜びです。それから今年度より病院全体の見直しがスタートしました。社会の風潮もあって入院患者さんの社会復帰を促進する方向になってきているので、リハビリ担当としてはさらに求められているものが大きくなっているように感じています。
今井:
早期退院を促すことができたとしても、その後の生活や治療の継続といった問題も考えなければいけません。そこで私としては施設の情報なども収集して、外部の職員とも理解を深めたいと考えています。一人では何もできないことでも、総合力を高めれば患者さんを良い方向へと導くことができるのではないでしょうか。

職場環境について・田宮病院とは

座談会風景3
網尾:
働く女性にとって、育児休暇や夜勤の免除などの融通が利くのはありがたいですよね。私はもしも子どもが生まれたら「母乳で育てたい」と思っているのですが、その点保育園が隣接していて2ヶ月からみてもらえるので、昼休みに母乳をあげに行くことも可能ですよね。
菊入:
男女関係無く、職員同士が何でも言えるような「親近感」が魅力の職場だと思います。医療法人崇徳会の理念である「家族、友人に紹介したくなるような病院」として形になっていて、職員の福利厚生の部分もきちんとしています。つり部や野球部といったクラブ活動や年1回の旅行も楽しみですね。また崇徳会全体としては、職員による「親和会(親睦団体)」があり、親睦会や新人歓迎会などによって外部職員同士の交流も深めています。
高野:
私は同じ崇徳会の病院である、長岡西病院で行われているヨガサークルに通っているんですよ。実際に働いてみて、職員にも、患者さんにも親しみやすい病院で良かったと感じました。患者さんは病院に来ると不安な気持ちになるものですが、それを皆さんがしっかり受け止めて心から接している様子が伝わってきます。それと同時に日々勉強して自分たちを磨くこともしている。本当に素晴らしい病院とスタッフだなと思います。
今井:
田宮病院は、穏やかな温もりを感じる病院なので、私としては「和」というイメージがありますね。
網尾:
私は「心のつながり」を大切にしていると思います。患者さんが社会復帰するためには、自宅でいろいろなことができないといけないので、多少は厳しさも必要なんですよね。時には患者さんと本気でぶつかることもありますが、心がつながっていれば分かり合えると信じています。
須田:
職員同士もそうですが、患者さんに対しても「家族」みたいに接して、退院したいという気持ちをこれからもサポートしていきたいですね。
ページの先頭に戻る▲